ブログ

2018.11.20

å‘ŗčĻšđŸ˜‹


こんãĢãĄã¯ã€‚

é‚ŖčĻ‡å¸‚č‹Ĩį‹­ãŽæ­¯į§‘åŒģé™ĸ はやし歯į§‘クãƒĒニックですâ™Ē

į§ãŸãĄãŒã€éŖŸäē‹ã‚’æĨŊしむį‚ēãĢæŦ ã‹ã›ãĒい感čĻšãŒå‘ŗčĻšã§ã™ã€‚
å‘ŗを感じるåŸēæœŦãĢãĒã‚‹ãŽãŒã€ŒåĄŠå‘ŗ」「酸å‘ŗ」「č‹Ļå‘ŗ」「į”˜å‘ŗ」「うぞå‘ŗ」ぎ5つです。
äēēぎ持つ感čĻšãŽä¸­ã§å‘ŗčĻšã¯čēĢäŊ“ãĢとãŖãĻåŋ…čĻãĒ栄養į´ ãĒぎか、
有åŽŗとãĒるもぎãĒぎか、判断するåŊšį›Žã‚‚持ãŖãĻいるぎです。

įš†ã•ã‚“ã€čˆŒã‚’ã‚ˆīŊžãčĻ‹ãĻãŋãĻください。小さãĒツブツブがたくさんありぞせんかīŧŸ
こぎツブがå‘ŗを受け取る働きをするå‘ŗ蕾īŧˆãŋらいīŧ‰ã§ã™ã€‚
éŖŸãšį‰Šã‚’å™›ãŋį •ã„ãĻ、唞æļ˛ã¨æˇˇã–り合ãŖãĻå‘ŗč•žãŒååŋœã—、å‘ŗčĻšįĨžįĩŒã‚’通じãĻ大č„ŗへäŧãˆã‚‰ã‚Œãžã™ã€‚
そこで初めãĻ、おいしいとå‘ŗを感じぞす。

しかし、よく噛んで、唞æļ˛ä¸­ãĢéŖŸãšį‰ŠãŽæˆåˆ†ã‚’ã‚ˆãæ˛ãŋこぞせãĒいとå‘ŗč•žã¯å‘ŗを受け取れぞせん。
十分ãĢå‘ŗを感じるį‚ēãĢは、よく噛んでéŖŸãšã‚‹ã“とがæŦ ã‹ã›ãĒいんです。

それと、įš†ã•ã‚“ãŽčˆŒãŽč‰˛ã¯ãŠã†ã§ã™ã‹īŧŸ
åĨåēˇįš„ãĒčˆŒãŽč‰˛ã¯ã€Œč–„ã„ãƒ”ãƒŗクか、ややį™ŊãŋがかかãŖãĻいるį¨‹åēĻ」です。
ãƒģãƒģãƒģã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻも、č‡Ē分で判断するぎãŖãĻé›Ŗしいですよね(*^^*)

čˆŒãŒæąšã‚ŒãĻいることもå‘ŗčĻšæ„ŸåēĻを下げãĻしぞいぞす。
厚期įš„ãĒおåŖぎチェックやæ˛ģį™‚ぎ際ãĢį›¸čĢ‡ã—ãĻãŋãĻください。

æ­¯ãŋãŒãã‚‚å¤§åˆ‡ã§ã™ãŒã€čˆŒãŽč‰˛ã‚„æ„Ÿč§ĻãĒおãĢ気をäģ˜ã‘ãĒがら
čˆŒãŽã‚ąã‚ĸもしãŖかりしぞしょう。

åŒģé™ĸį´šäģ‹ãƒ–ログ